新三年生必見!!書道バックの選び方

小学三年生、いよいよ学校での毛筆の授業が始まります。

先生なら

どれを選びます?

とこの春多くの質問をいただきました。

学校での書道の授業についてはわからないことも多く

はっきりとしたお答えが出来なかったので色々調べてみました。

これからお道具をそろえる方は是非参考にしてくださいね。

学校で試しに購入した娘のバックです。

(内容)

大筆 小筆 下敷き 筆巻き 作品ファイル 硯 中皿    墨汁 スポイト 筆おき 文鎮 固形墨

大体3500円くらいだったと思います。学校の取扱業者によっても違いはあるようですが3000円~4000円が相場です。ネットでも可愛らしいものが沢山ありました!!

バックをセット購入した人の何人かから
先生!!

セットで入っていた筆が書きにくいのでお教室の筆を購入したいです!!

と声をかけられたり、インターネットの口コミでも

「筆が・・・残念。」

というコメントが多かったんです。

いちばんこだわりたい部分なんですけどねたい・・・本来は。

だからといって単品で購入していくと割高になるらしく

セットを購入し、

 筆は買い換える

というのが落としどころなようです。

我が子はどうしたかというと

大筆・小筆・筆巻き

作品ファイルを

買い換えて使っております。

セットに入っている「固形墨」

学校では使わないらしいですよ!?

という話を耳にしました、確かに限られた時間ですからやむを得ないと思います。

どの学校もそうなのかな・・・・でも使っても一回とかでしょうね、

それならば

無駄なものは買いたくない!

   さらに

使いやすいものをこだわって揃えたい!

という方は単品でこだわりながら選んでいくのも楽しいと思います。

同じ4000円出すのなら納得いく内容になると思いますよ。

物によってはこれは100円ショップでも十分!というものもありますからね。

 

最後にお教室で使っている筆をご紹介します。

大筆「学生ときぞう」極品 中 

 

この筆はお値段以上の使い心地です。

楽天などよりもお安くできますので買い替えの際はお声掛けください。

お道具について調べていると

色々なことがわかってたのしい!!

ダイソー、イトーヨーカドー、アトレ、書道専門店などを視察したらまたブログに載せていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。